朝マックって素敵じゃん



マクドナルドってやっぱり一番の安定感。


気がつけばありとあらゆるファーストフード店がすでに存在してた若い人たちとは違って

一番最初に登場して一番沢山の食べてきた世代というのもあるとは思うけど。


今では美味しいものを随分と沢山食べてきたと自負しているし、

グルメというほどではないけれど、

それなりに美味しいまずいの判断ができるくらいに舌は肥えている世代ではある。

それでも、世の高級で美味しいものとは違う土俵上の話として言い切ってしまおうと思う。

やはりハンバーガーチェーンの中では、バンズからパティの味までやっぱり一番シンプルに美味しいのがマックなんだと思うのです。

(この際モスバーガーをここに出してくるのは反則ということにしておいて。。。)

幾多の新参競合他社の猛追を浴び

猫の肉が使われているとか、食用ミミズが繋ぎに使われているとか、

WEB時代前のまことしやかな噂話をも乗り越えて、

衰退することなく常に僕らの隣にいるということは

実は途轍もないことなんだろうと思うのです。


そしてその歴史の中でも画期的なエポックメイキングが

朝マックという特別メニューを定番化したことではないかと。

シンプルながらも日本にとっても馴染むビジネスデザインだったと思うのですね。

朝マックのマフィンシリーズはもう信じられないくらいにカスみたいな食材感なのに

ジャンクは美味しい伝説の王道を行くくらいに信じられないくらい美味しいと思う。笑


通常メニューではいつも、ビッグマックとフィレオフィッシュをいただく古い人間の僕ですが、朝マックのソーセージエッグマフィンとハッシュポテトも、通常メニューでも欲しいといつも思うのです。笑


いや。

朝にしか食べられないからこんなに恋しいのか。

ジャンクの中毒性。

いやはや恐るべし。

そして

いつまでたってもジャンクに惹かれるこの世代の業。


ああいとかなし。


18回の閲覧